スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕刻の月、朝方の雲

昨日、夕焼けになったので、つい公園まで出かけたら、薄いオレンジの雲が月の前を流れていた。月が煌々と明るいから間の雲が透き通り、まるで雲の前を月が通っていくようで、しばらく見とれてしまった。いとおかし、だった。こういう情景を歌った和歌なんてないのかな。
味を占めて、今朝早くまた公園に行ったら、ランナー、ウォーカー、&ドッグズの静かではない世界だったけれど、一面の青空に小さな筋雲がぽつんとあって、それがまた、おかし、だった。白い筋が連なって、何かを消したように見えた。
しばらく見上げた後、帰ったけれど、あれを取ったら、青空になんて書いてあったんだろう。
関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

山口タオ

Author:山口タオ
青い大きな星の上にようこそ!
童話作家山口タオのブログです。のらねこソクラテスや米とのさまやことわざおじさんと一緒に、日々の雑感、創作裏話、そして地球の謎を追う想像力の旅を綴ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
YouTube
「TOHOKUの空へ」(小竹の森音楽祭より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。