スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯という戦争と平和

手違いで本文が空白になってしまった。追記へどうぞ。
W杯ブラジル大会が始まって、今日決勝リーグへの16か国がすべて決まる。本田、香川、長友、岡崎、内田、遠藤……を擁して、史上最強と謳われて、優勝を目指したザックJAPANは、あっという間に敗退して、消えてしまった。
井の中のジャパンなのであった。
冷静に考えてみて、と言うのもヘンだが、戦場なのだ。一皮剥けば、殺しあいなのだ。蹴りあって、ぶつかりあうのだ。1対1で、殴りあい、遠慮なく叩きのめす奴でなきゃ生き残れないのだ。
そんな奴は日本選手には一人も見当たらない。
とても平和な国だからだ。愚かな戦争に懲りた後、長い間ずっと1人も殺したり、殺させたりしなかったからだ。平和が日本人の心をやさしくしているのだ。
悪いことなんかじゃない。日本にしか生み出せない良いことなのだ。

妙にそんなことを考えて、敗退にうなずいてしまっている。
戦争ができる国にしたい人たちと、どうしても血を流して、涙したい首相は、そんなことを知っているだろうか。自分たちが井の中で考えていることを。
やさしい人間たちにもう戦争はできないのだ。


関連記事

Comment

やさしきひとびと

深く心に沁みました。
縄文の頃からその気質は、
ほんとうはずーっと変わってないのかもしれませんね。

非公開コメント

プロフィール

山口タオ

Author:山口タオ
青い大きな星の上にようこそ!
童話作家山口タオのブログです。のらねこソクラテスや米とのさまやことわざおじさんと一緒に、日々の雑感、創作裏話、そして地球の謎を追う想像力の旅を綴ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
YouTube
「TOHOKUの空へ」(小竹の森音楽祭より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。